ATELIER UNEPLACE
Atelier Uneplace

鈴木麻美
16才より洋裁を習い始め18才より本格的に学ぶ
卒業後も引き続き学びつつ、衣服の仕事に携わる
1人で服屋を始め5年ほど続けて閉める
ユヌプラスとはその時に付けていた名
その後は、その名で制作に従事

鈴木丈志
ジャズ喫茶に長く勤める。
勤め先移転を機に独立するも一度閉める。
調理中心の仕事をしつつ
アトリエ・ユヌプラスの製品作りを支えてくれ
製品作りにかかせない存在

心にまで響くような、やさしい生地をつかい
ずっと大切に思える作品をお二人でつくっています