安藤 雅信
masanobu ando

造形作家 ぎゃるり百草オーナー 作陶家

1998 多治見市に築100年の民家を移築
「ぎゃるり ももぐさ」開廊

白土を型で抜き、ガラス釉などで仕上げる
オリジナル作品

遠い昔、純白の磁器を目指しながら再現できなかった
オランダ、デルフトの白に触発された彼の作品たちは、
土ものの柔らかさを湛えながら造形は現代的であり、
かつ、どこかに媚びない可愛さをあわせもつ器たちです

対照的に鉄釉にマンガンを加え窯変させた黒系の器との
取り合わせも楽しい、最も注目される現代作家です